用語集

用語集

コインメック

コインメックとは一般的な自動販売機であれば必ず搭載されている機械であり、硬貨投入口から投入された硬貨をそれぞれ判別し、機械に何円分の硬貨が投入されたのかと言う事を判断する役割を持っています。
またコインメックは釣銭を計算して支払う機能も同時に有していますので、自動販売機が無人商店の一種として稼動していくには不可欠な機械であるともいえるでしょう。
コインメックは大きく分けてアクセプタ・カセットチューブ・ペイアウト部の三つの部位から構成されています。
アクセプタはコインメックの中でも中枢的な役割を果たしており、投入された効果を識別する際に動作します。
また偽造硬貨を選別する機能も持っているため、投入されたのが正規の硬貨ではないと判断された場合には自動でスラグシュートと呼ばれる部位から偽造硬貨を排出するようになっています。
正規の硬貨であると認識された硬貨はアクセプタを通った後、500円玉や100円玉、50円玉といったようなそれぞれの種類に応じたカセットチューブに振り分けられて保管されることとなります。
そして購入処理が完了した後、釣銭を出す必要があると機械が判断した場合はカセットチューブからペイアウト部を通じて、釣銭が支払われるようになっているのです。
また現在、日本の自動販売機に使われているコインメックの気候は非常に精巧に出来ています。
これは1997年ごろには加工した500ウォン硬貨を機械に500円玉だとご認識させて、釣銭として用意されている500円玉を手に入れるという所謂「自動販売機荒らし」が流行ったことが原因です。
日本は先進国の中でも特に自動販売機の設置台数が多いことでも知られていますので、様々な点から商品や売上金を保護することは非常に重要なことだといえるでしょう。

一覧へ戻る

最大8社 無料一括見積もりはこちらから

新規設置を希望の方
既に設置されているお客様へ

0120-996-427

PAGE TOP

Copyrightc 2013 自動販売機 設置のことなら 自動販売機設置.jp All Rights Reserved.