コラム

コラム

ソーラー発電できる自動販売機を導入するときの鉄則

自動販売機を設置する人の支出を抑えるのみならず地球環境にも配慮したソーラー発電可能な機種は、導入希望者が多い傾向にあります。停電時にも稼働することが期待できるため、コンスタントに商品提供が行えます。ただし、ソーラー発電可能な自動販売機を設置しようと考えているのなら鉄則とも言うべき事柄が二つあります。
自動販売機にソーラー発電の機構を搭載すれば、それだけでメンテナンス不要になるわけではありません。ときとして鳥獣被害に悩まされたり、ソーラー発電するための装置が人為的に破壊される可能性が否定できません。被害に遭った部品を交換しなければ、連鎖的に不具合が頻発することも考えられます。さらには、定期的に一定期間が経過すると部品の老朽化により発電量が激減してしまうので、当該部分を新調する必要もあります。これらの事象において共通しているのは、それぞれに応じた費用を支出しなければならないことです。主として専門業者に作業を依頼しなければならないので、自動販売機の運営費用として用意しておくことが求められます。万が一のときになって費用が工面できなければ、ソーラー発電機構を稼働させられなくなってしまいます。
ソーラー発電可能な自動販売機の設置場所として有効なのは、日照時間が長いところです。周囲に高い建物が存在していない場所を選択することが基本ですが、空き地の横は控えておくべきです。自動販売機を設置してからすぐに高い建物の建造が開始される可能性があります。

一覧へ戻る

最大8社 無料一括見積もりはこちらから

新規設置を希望の方
既に設置されているお客様へ

0120-996-427

PAGE TOP

Copyrightc 2013 自動販売機 設置のことなら 自動販売機設置.jp All Rights Reserved.