用語集

用語集

転倒防止板

転倒防止板というのは、自動販売機が転倒をするのを防ぐのに用いられる板のことをさします。たばこや清涼飲料水などの屋外の自動販売機のみならず、屋内の自動販売機にも転倒防止板を設置することは可能です。以前は、鉄板を自動販売機の下に敷くことで、転倒をふせいでいましたが、現在のものは、クッション機能がついているのが特徴的です。クッション機能がついているため、大きな地震がおきても、倒れないように工夫されています。この転倒防止板は、がっちりと固定するものではなく、地震などの揺れと共に揺られて転倒を防止する仕組みになっているため、強く自動販売機を押すと揺れる場合があります。ですが、これは転倒防止のためのシステムとなっています。また、自動販売機の大きさに合わせて設置が可能なため、転倒防止板にもさまざまなサイズが設けられています。自動販売機から大きくはみでることのないサイズも開発されているため、生活がしづらくならないよう、バリアフリーなどで段差のない場所に設置されている自動販売機にも多く使用することができるようになっています。これらの転倒防止版は、自動的に揺れを発生させて行う加振実験やシュミレーションを繰り返し行っているため、安心して使用することができるようになっています。転倒防止版によって自動販売機の転倒を防ぎ、災害などで道を塞いだり、歩行者などが怪我などをおう二次災害を防ぐ方法として、注目を集めています。

一覧へ戻る

最大8社 無料一括見積もりはこちらから

新規設置を希望の方
既に設置されているお客様へ

0120-996-427

PAGE TOP

Copyrightc 2013 自動販売機 設置のことなら 自動販売機設置.jp All Rights Reserved.