用語集

用語集

清涼飲料水

清涼飲料水とはアルコール分1パーセント未満の、味や香りをつけた飲料です。
自動販売機やスーパーやコンビニなどで身近なところで販売されているジュースなどが、清涼飲料水に分類されます。
食品衛生法で定義され、具体的には、コーラ、サイダー、リンゴやオレンジなどのジュース、ミネラルウォーター、豆乳、ペットボトルの紅茶、ジンジャーエールなど、店頭や自動販売機で見かけるほとんどの飲料が該当します。
自動販売機に並ぶ飲料も、大部分が清涼飲料水です。
一般的な定義では、水以外のアルコールを含まない飲料全てをさしますが、該当しない飲料もあります。
牛乳や食事とともに提供されるスープ、カップに注いだ茶やココアやコーヒーは一般的には清涼飲料水とは呼ばれません。また、粉末ジュースも該当しません。
(ペットボトルなどの容器に詰めて販売される緑茶などは、清涼飲料水と包装に表記があります)
清涼飲料水には種類があります。
炭酸水やコーラなどの炭酸飲料、リンゴジュースなどの果実飲料、缶コーヒーなどのコーヒー飲料、ペットボトルの緑茶などの茶系飲料、ミネラルウォーター、調整豆乳などの豆乳類、トマトジュースなどの野菜飲料、スポーツドリンクなどのスポーツ印慮王、乳性飲料、ココア飲料、栄養飲料、機能性飲料、その他の種類があり、それぞれさらに細かな分類があります。
アサヒ飲料、ダイドードリンコ、サントリーフーズなど、さまざまなメーカーが製造しています。

一覧へ戻る

最大8社 無料一括見積もりはこちらから

新規設置を希望の方
既に設置されているお客様へ

0120-996-427

PAGE TOP

Copyrightc 2013 自動販売機 設置のことなら 自動販売機設置.jp All Rights Reserved.