用語集

用語集

切り替え

清涼飲料の自動販売機である場合には、販売しているドリンクのホットとコールドを入れ替える必要があることになります。

このホットとコールドの入れ替えのことを、切り替えと呼んでいるのですが、その時期は実は一定ではありません。

というのも、販売業者によってみな切り替えを行う方式が違っていることもあれば、自動販売機の設置場所によって、ホットとコールドの切り替え時期がみな違っているという場合もあり、また、ある施設内に設置されている自動販売機の場合には、その利用者の種類によっては切り替えをしない場合もある、といったような一律ではない事情になっているからなのです。

一般的には、ドリンクのホットとコールドを切り替える目安となっているものは、気温が15度を超えた場合と下回った場合とされているようで、15度を超えるとホットからコールドに、15度を下回るとコールドからホットに切り替える、というのが自動販売機業界の基準となってはいるようなのですが。

しかし、これはあくまでも業界全体の一般基準ということであり、実際には設置場所や利用者の種類、ドリンクの出具合などによって、ケースバイケースで切り替えの時期を判断して対応している、という実情になっているようなのです。

つまり、一応の基準はあるものの、やはり、利用者のことを第一に考えて対応しなければならない、ということがあるために、自動販売機を設置している業者によってもその基準が違っていますし、その設置場所の違いや、利用者の種類の違い、またドリンクの種類によっても違っていますし、さらには設置されている地域が北の地方であるのか南の地方であるのかによっても、その時期はかなり違ったものになっているわけです。

 

一覧へ戻る

最大8社 無料一括見積もりはこちらから

新規設置を希望の方
既に設置されているお客様へ

0120-996-427

PAGE TOP

Copyrightc 2013 自動販売機 設置のことなら 自動販売機設置.jp All Rights Reserved.