用語集

用語集

ロケフィー

ロケフィーとは、自動販売機を設置した後に売り上げに応じて設置者に支払われるお金のことです。
ロケフィーと意味が似た言葉には、歩合、手数料、マージン、割戻金、インセンティブ、コミッションがあります。
自動販売機を設置したことで得られる、歩合給です。
ロケフィーとは自動販売機を設置したことで得られる利益のことですが、純粋な利益はそこから電気代を引いた金額になります。
全売り上げのうちにしめるロケフィーの割合は、自動販売機を設置する業者によって違いますが、15%から25%程度が普通です。
自動販売機を設置する際、ロケフィーが高いほうが利益を出しやすいのは当然ですが、その他にも関係が深い要素があります。
自販機に陳列する商品の品揃え。いくら立地が良い土地に手数料を多くもらえる販売機を置いたとしても、品揃えが利用者の好みにあっていなければ売り上げは低くなります。消費者の好みを調査したり、広告を工夫したり、売り上げを伸ばすための努力をするほど売り上げが伸びます。
販売機の機種の違いなどによる、消費電力など運営費用の差。例えばヒートポンプ式の販売機は電気代が安く、ランニングコストを節約できる分より多くの利益を得られます。
さまざまな要素があるため、販売機を設置して得られる利益はロケフィーの割合だけで決まるわけではありません。
自動販売機を設置するときは、業者の対応や電気代や販売機の機種を考えると、より効率よく利益を得られます。

 

一覧へ戻る

最大8社 無料一括見積もりはこちらから

新規設置を希望の方
既に設置されているお客様へ

0120-996-427

PAGE TOP

Copyrightc 2013 自動販売機 設置のことなら 自動販売機設置.jp All Rights Reserved.