用語集

用語集

フルオペレーション

現在設置されている自動販売機は、フルオペレーションシステムを利用したものが増えています。
自動販売機の設置のオーナー負担は、運営のための電気代と設置スペースのみです。
自動販売機の設置会社から売上の一定割合を設置場所のオーナーが受け取ります。
以前に設置された自動販売機と異なる点は、利便性が格段に良くなっっていることです。
フルオペレーションシステムであれば、自動販売機設置契約後の手間はほとんど不要です。
商品の補充、売上金回収、空き缶回収、自動販売機のメンテナンス等を従業員の方が定期的に巡回して行ってくれます。
オーナーにとっての煩わしい作業が不要です。
オーナーは、取り扱う商品を選択することができます。
流行の商品をアドバイスしてもらい、不要な在庫を置かないので効率的に運営できます。
ハンディーターミナルによる光通信(日本自動販売機工業会)を導入されているので、自販機の状況をすぐに確認できます。
充填のタイミングが適切になるので品切れがありません。
故障事故にも即座に対応されます。
在庫管理や売上データの管理が適正にされるので無駄が省けます。
人気商品や新商品が充填されるので、購入者の増加や売上アップにつながります。
つまり、機械の設置スペースと電気代の提供のみで長期的に収益を受け取ることができるというオーナーにとって嬉しい話です。
また、自動販売機の設置会社にとってもフルオペレーションによって無駄のない運営が可能となるため効率的と言えます。
以上のことからフルオペレーションシステムとは、
自動販売機の運営に関する一切の業務を自動販売機を設置した会社が行う画期的なシステムと言えるでしょう。

一覧へ戻る

最大8社 無料一括見積もりはこちらから

新規設置を希望の方
既に設置されているお客様へ

0120-996-427

PAGE TOP

Copyrightc 2013 自動販売機 設置のことなら 自動販売機設置.jp All Rights Reserved.