用語集

用語集

アングル

自動販売機は、屋内、屋外と様々な場所に設置されますが、基本的には地面に対し、直接置くかたちがとられます。
しかし、設置する場所によっては、自動販売機を地面に直接置いた場合、不具合が生じる場合があります。
設置する場所の地面に、水道メーターなどが埋め込まれている場合、自動販売機を設置することによって、メーターを扱う際に邪魔になってしまいます。また、配管のパイプなどが露出しているような場所では、設置するスペースがうまくとれないこともあります。
こうした場合アングルと呼ばれる部品を使用することで問題を解消します。アングルは、鉄で作られた架台で、自動販売機の重量に耐えられるように、強度を確保した構造となっています。
地面に障害物がある場所にアングルを設置し、この上に自動販売機を設置することで、地面との間に空間を確保し、埋め込まれたメーターや、配管に干渉することを防ぐことができます。
アングルの脚部は、アンカーボルトを使用して地面に直接固定することが可能です。また、専用のコンクリートブロックを使用して、より安定した設置を行うこともできます。アングルの高さは、様々なサイズがありますので、設置場所に合わせて最適なものを使用する必要があります。
アングルを使用すると、全体的な高さは上がってしまうため、転倒を防止するための措置が必要です。自動販売機自体は、ボルトなどを用いて固定させることができるので、安定性を確保することができます。

一覧へ戻る

最大8社 無料一括見積もりはこちらから

新規設置を希望の方
既に設置されているお客様へ

0120-996-427

PAGE TOP

Copyrightc 2013 自動販売機 設置のことなら 自動販売機設置.jp All Rights Reserved.