コラム

コラム

自動販売機がたくさんある日本の原理とは

日本では自動販売機はよく見かけます。お金を入れて商品を手に入れる簡単な仕組みで成り立ったいます。取り扱いが多いのは清涼飲料水とタバコです。
タバコに関してはタスポが導入される時期にかなり減りましたが、今もなお存在しつづけています。清涼飲料水はコンビにとの競争になっていますがなくなることはありません。
近くにあればコンビニよりも手軽に利用出来ます。これは日本の治安が言いと言う原理に基づいています。また自動販売機は独自の進化を続けています。食事やおもちゃの自動販売機などもあります。
あるゲームセンターでは、飲食スペースがあるにもかかわらず、店員は一人もいません。全ての食事や商品が自動販売機で提供されているのです。こう言った例は段々減ってきていますが、他にもいろいろな商品を取り扱っています。
こららも全て日本が安心できて安全な国であると言う原理の素に成り立っています。海外の国に目を向けると自動販売機が日本ほどたくさんある国はまず見当たりません。何カ国か旅行で行きましたが、自動販売機を利用した経験はほとんどありません。
治安が悪い国では、商品と現金が入っている自動販売機は強盗にとっては恰好の餌食となってしまいます。自動販売機が店舗の中に設置されているのを見かけたことがあります。見張ってないと何が起こるか分からないからです。
海外では人件費が安い国も多く存在し、自動販売機の購入コストを考えると人を雇った方が安くあがる国もたくさんあるからです。海外では日本のような原理は通用しないのです。だから海外では自動販売機を見る機械がほとんど無いのです。

一覧へ戻る

最大8社 無料一括見積もりはこちらから

新規設置を希望の方
既に設置されているお客様へ

0120-996-427

PAGE TOP

Copyrightc 2013 自動販売機 設置のことなら 自動販売機設置.jp All Rights Reserved.